【写真展】中村征夫写真展「海中顔面博覧会」

キヤノンフォトコレクション 中村征夫写真展

中村征夫写真展「海中顔面博覧会」


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、キヤノン S タワー2階キヤノンオープンギャラリー1(所在地:東京都港区)にて、2020年7月21日より、キヤノンフォトコレクション 中村征夫写真展「海中顔面博覧会」を開催します。

概要


■開催期間:2020年7月21日(火)~8月27日(月)
■開館時間:10時~17時30分(最終日は16時30分まで)
※当面の間、開館時間を10時30分~17時と時間短縮させていただきます。
■休館日:日曜日・祝日・夏季休館8月7日(金)~8月16日(日)
■開催会場 :キヤノン S タワー2階 キヤノンオープンギャラリー1・2(住所:東京都港区港南2-16-6)
■交通案内:JR 品川駅港南口より徒歩約8分、京浜急行品川駅より徒歩約10分
■入場料:無料
※開催につきましては、状況の変化に応じて適宜 変更になる 可能性が ございます。予めご了承願います。

展示内容



 本展は、キヤノンフォトコレクションとして収蔵する作品の中から、写真家 中村征夫氏の「海中顔面博覧会」シリーズより、カラー作品30点を展示いたします。
 海中に住むいきものたちの色鮮やかな生態やユニークな顔形などを、作品を通してご覧いただけます。

 キヤノンフォトコレクションは、1994 年よりキヤノンマーケティングジャパンが手掛ける、日本の優れた写真家の作品のコレクションで、現在1900点余りの作品を収蔵しています。


キヤノンマーケティングジャパン株式会社


作家プロフィール


中村 征夫 (なかむら いくお)

1945(昭和20)年、秋田県生まれ。20 歳の時に独学で潜水と写真をはじめ、後に水中撮影プロダクションを経てフリーランスの水中写真家となる。国内外の海や自然、人びと、それらを取りまく環境などを精力的に取材。
ライフワークの「東京湾」をはじめ、空港建設に揺れる石垣島・白保、北海道南西沖地震意遭遇、九死に一生を得た奥尻島でのルポルタージュなど、社会性のあるテーマにも取り組み、「海の報道写真家」としても活躍。写真のみならず劇映画、ハイビジョン映像も手がける。
おもな受賞に、1988 年、『全・東京湾』『海中顔面博覧会』により第13 回木村伊兵衛賞、1966 年、『カムイの海』により第12 回東川賞特別賞、1977 年、『海のなかへ』により第28 回講談社出版文化賞など。

お問い合わせ


【一般の方のお問い合わせ先】
・キヤノンギャラリーS TEL:03-6719-9021
・キヤノンギャラリー ホームページ: https://cweb.canon.jp/gallery/