タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXDレビュー|小型軽量でコストパフォーマンス抜群な望遠ズームレンズ

01_タムロン 70-300mm F4.5-6.3 Di III RXD製品画像.JPG

小型軽量な望遠ズームレンズ


 ここ数年、純正、レンズメーカーを問わず、ソニーEマウント対応レンズの新製品ラッシュが凄い!ソニーユーザーとしては嬉しい限りですが、その反面次から次へと新しいレンズが登場すると物欲を抑えるのが大変なのが困りどころです(笑)そんな中、望遠ズームの王道とも言える70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXDがタムロンから発売となりました。同社のソニーEマウント対応ラインナップはこれで10本となり単焦点レンズ3本を含み超広角17mmから望遠300mmまでをカバーできるようになりました。フィルター径がすべて67mmに統一されているのでレンズごとにフィルターを揃えなくてもよいのは嬉しいポイントです。

 やはり本レンズの特徴は、世界最小、最軽量の望遠ズームであるということ(2020年8月現在。同社調べ)手にすると従来の望遠レンズとのサイズ感、重量のギャップに驚かされるでしょう。長さ148mm、最大径77mm、重量545gというサイズ感は500mlのペットボトルの直径をやや太くして、3㎝程短く、そして重量を50グラムほど増やした感じです。タムロンのフルサイズミラーレスレンズ用としてはマウントの部材に初めて特殊処理の高強度Al-Mg 系合金を採用。十分な強度と軽量化を実現するなど、昔から小型軽量にこだわってきたタムロンの意思を感じます。

02_製品画像.jpg
左:70mm側、右:300mm側

 小型化の秘密は望遠側の開放値を6.3に抑えたことにあります。一見暗いと思うかもしれませんが、近年のソニーαシリーズの高感度性能を考えれば問題ではないと感じるとともにそのおかげでレンズがこれほどまでに小型軽量化できていると考えれば納得です。なお、焦点距離によるF値の推移ですが70-151mmがF4.5、152mm-276mmが5.6、277㎜-300㎜が6.3となっており、実際6.3になる焦点域は望遠側の一部だけです。もし光量が少ないシビアな条件でどうしても5.6が使いたい場合は276㎜以下の焦点域を使い、トリミングをするという使い方も選択肢に入れておきましょう。

使用感と操作感


 使ってみてまず感じるのは70-300mmという焦点域の使いやすさです。同社でいうと70-180mmF2.8DiⅢ VXD、純正レンズでいうところの70-200mmなどいわゆる大三元・小三元の望遠レンズや同社の高倍率ズーム28-200mmF2.8-5.6DiⅢ RXDなどでは、もう少し遠くのものを引き寄せたいと感じることがあるものですが300㎜までをカバーしているとそのような不満はほぼ払拭されます。また100-400mm等の望遠ズームだと重量級になってしまいちょっと・・・と敬遠する方にも300mmかつコンパクトな本レンズなら軽快に持ち出せるでしょう。

 AFの駆動にはRXDモーターが搭載されており、スムーズかつほぼ無音で合焦、動体にカメラを向けた際にもしっかりと追従してくれます。同社70-180㎜F2.8DiⅢのVXDモーターや純正70-300mmのリニアモーター駆動には一歩譲ると感じる場面もあったことは付け加えておきますが、実写上で不満はなくαボディ側のファストハイブリッドAFにもしっかりと対応、リアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングの動作も満足のいくものでした。ソニーEマウントに関しては、各レンズメーカーにも仕様書が公開されており、それに準じた開発が行われるため、カメラ側の機能を制限なくフル活用することができますし、今後、ボディを買い替えた際にも安心感がありますね。

03_作例_300 mm_1-125 秒 (f - 6.3)_ISO 1600.jpg
強風で舞い落ちる紅葉を狙う。短いシャッターチャンスでも素早く合焦してくれます。
■撮影機材 ソニーα7R IV + タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離300mm 絞り優先AE(F6.3、1/125、-1EV補正) ISO1600 太陽光

04_作例_300 mm_1-200 秒 (f - 6.3)_ISO 800.jpg
蜘蛛の糸に引っかかり、風に揺れる落葉をリアルタイムトラッキングで撮影。ピントをはずすことなくしっかりと追従してくれます。開放での口径食はありますが望遠レンズなら仕方のないことだとも言えるでしょう。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離300mm 絞り優先AE(F6.3、1/200、+1EV補正) ISO800 太陽光

04_作例_266 mm_1-125 秒 (f - 5.6)_ISO 800.jpg
リアルタイム動物瞳AFで撮影。こちらもしっかりと追従してくれました(※公式には鹿は動物瞳AF対応外)。
■撮影機材 ソニーα7R IV + タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離266mm 絞り優先AE(F5.6、1/125、+0.5EV補正) ISO800 太陽光

 レンズ本体にAF/MFの切り替えスイッチはなく、ボディ側で行います。AF/MFの変更は高い頻度で行いますのでスムーズに呼び出せるようカメラのカスタムキーやファンクションメニューのわかりやすいところへ割り当てておきましょう。レンズに手振れ補正は内蔵されていませんのでボディ側の手振れ補正を頼りにすることになります。三脚使用時にはボディ側の手振れ補正をOFFにする必要があるので、AF/MF切り替えと同様、素早く呼び出せるようにカメラ側の設定をしておきましょう。このレンズを使用する前は望遠域のレンズだけに欲を言えば、レンズ側にも手振れ補正機構を内蔵してほしいと感じていましたが、小型軽量化によるホールディングバランスの良さから実際に使用してみて不満を感じることはありませんでした。但しAPS-Cのαユーザーは、ボディ内手振れ補正が内蔵されていないカメラも一部ありますので、本レンズを検討する際には注意が必要です。

描写性能


 カメラのキタムラ価格では5万円台後半(2020年12月11日現在)の本レンズはエントリーユーザーでも手を伸ばしやすい価格設定のため、一見、単なる廉価版レンズ?と思われがち。しかし実写に持ち出し、撮影した写真を確認すると、決してそうではないということに気づかされます。逆に言えば「この価格でこれだけ写るのか」と感心させられる結果に。

 まずは解像性能。解像度のピークとなるF8~11に絞った時は言わずもがな。高解像モデルのα7R IVと組み合わせてもしっかりとした解像力で線の細い被写体が中心となる風景撮影でも満足のいく性能を発揮してくれました。また、開放時においてもその解像力は中心付近だけでなく周辺まで保たれていますので風景的引き画においても積極的に絞りを開けた撮影ができます。そしてズーム全域にわたっての解像もポイント。ズームレンズの場合、焦点距離によって得手不得手があり、どこかで解像の良くない部分が出てくるもの。もちろんテストチャートなどを使い、詳細に解像性能をチェックすれば、焦点距離による多少のバラつきは出てくるのでしょうが、純粋に写真を撮り、作品づくりをするという点においてはどの焦点距離でも満足のいく描写が得られると感じました。

05_作例_300 mm_1-250 秒 (f - 8.0)_ISO 400.jpg
朝もやの晩秋風景。朝露と蜘蛛の巣が逆光に照らされ美しい。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離300mm 絞り優先AE(F8、1/250) ISO400 太陽光

06_作例_186 mm_1-500 秒 (f - 6.7)_ISO 400.jpg
初冬の山肌を撮影。高い解像力によって繊細な枝ぶりがしっかりと表現されています。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離186mm 絞り優先AE(F6.7、1/500、-1EV補正) ISO400 太陽光

07_作例_200 mm_1-60 秒 (f - 5.6)_ISO 400.jpg
単なる雑草だと思うが、そのリズム感に惹かれます。手持ち撮影のため開放で撮影していますが解像力が損なわれていないことがわかります。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離200mm 絞り優先AE(F5.6、1/60、-1.5EV補正) ISO400 太陽光


 BBARコーティングによって耐逆光性能は良好。画角に太陽が入るシーンでもコントラストの低下や目立ったフレアやゴーストを感じる事はなく、近年におけるレンズ設計のレベルの高さがうかがえます。これなら安心して太陽にレンズを向けることが出来るでしょう。

08_作例_177 mm_1-30 秒 (f - 8.0)_ISO 200.jpg
太陽は画角に入っていませんが、完全にハレ切りするには難しいケース。レンズ前面には直射光が当たっていますが、コントラストの低下は見られません。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離177mm 絞り優先AE(F8、1/30、-0.5EV補正) ISO200 太陽光

09_作例_75 mm_1-200 秒 (f - 22)_ISO 800.jpg
夕日に輝くススキがキラキラと美しい。このようなシーンでもゴーストやフレアに悩まされることが少ないと撮影に集中できます。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離75mm 絞り優先AE(F22、1/200、-0.5EV補正) ISO800 太陽光

 ボケ味について私が気に入ったのが玉ボケ表現において玉ねぎ状の模様が入らない点。これは非球面レンズが組み込まれていないゆえ。非球面レンズによる画質向上は認めるところではあるのですが、こと玉ボケ撮影時には、非搭載によるメリットは大きいと感じます。円形絞りの採用は口径食を抑えたいときに有効。開放から2段絞ってもボケのカクつきを抑えることができるとのことですが、実写上、本当に美しいボケを得るには1段絞りくらいにとめておく方が良いと感じました。

10_作例_300 mm_1-750 秒 (f - 8.0)_ISO 400.jpg
最短撮影距離付近での撮影。口径食を軽減するためにやや絞って撮影していますが円形絞りの恩恵を感じます。玉ねぎ状の模様は発生していません。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離300mm 絞り優先AE(F8、1/750) ISO400 太陽光


 最短撮影距離と最大撮影倍率は70mm側で0.8m/0.1倍、300mm側で1.5m/0.19倍。もう少し寄りたいと感じることもありましたが、ここは小型軽量化を優先したということでしょう。フルサイズαの7R IVやⅢなどの高画素モデルを使っている方に関してはAPS-Cモードをうまく使うのがお勧めです。また、花のアップなど望遠マクロ的な使い方が主になるという方には、ズーム全域で最短撮影距離0.85m、最大撮影倍率0.21倍、さらにMF限定ですが近接領域撮影機能を搭載し0.5倍まで寄れる同社70-180㎜F2.8DiⅢ VXDも検討の対象に入れると良いでしょう。すでに寄れるレンズを持っている方は、本レンズとの使い分けがお勧めです。

11_作例_450 mm_1-60 秒 (f - 6.3)_ISO 800.jpg
最短撮影距離まで近づいても寄りきれなかったのでAPS-Cモードで撮影しました。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離300mm(フルサイズ換算450mm) 絞り優先AE(F6.3、1/60、-0.5EV補正) ISO800 太陽光

まとめ


 コンパクト設計でコストパフォーマンス抜群の本レンズは「望遠レンズ購入が初めてのエントリーユーザー」や「とにかく荷物を小型軽量化して軽快な望遠撮影をしたい人」が気負いなく購入できる点でお勧めです。また、それだけではなく簡易防滴構造採用の鏡胴や本格的な描写性能から、いわゆる大三元や小三元レンズを持っているようなヘビーユーザーにも300mmまでの望遠を補う1本としてお勧めできます。長距離を歩いて撮影地にアクセスしなければならない時などの使い分け用としても検討の価値ありです。

12_作例.jpg
コンパクト設計が特徴の本レンズ、歩き回っての撮影時には特にありがたく感じます。
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離70mm 絞り優先AE(F11、1/90、-0.5EV補正) ISO1600 太陽光


13_作例_144 mm_1-10 秒 (f - 8.0)_ISO 400.jpg
■撮影機材 ソニーα7R IV+ タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
■撮影環境 焦点距離144mm 絞り優先AE(F8、1/10、+0.5EV補正) ISO400 太陽光