パナソニック LUMIX S5 で気軽にムービー撮影を楽しもう|【第1回】スチルだけでなくムービーも簡単!

パナソニック LUMIX S5にジンバルを装着した画像 (1).jpg

はじめに


 2020年9月に登場したパナソニックのフルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S5」。シリーズ中もっとも小さくて軽いサイズながら、上位機種「LUMIX S1H」顔負けのムービー撮影機能を盛り込んで話題になりました。スチル撮影はもちろん、高解像度の4Kムービーから、魅惑的なスローモーションとクイックモーションなど、このカメラがあれば誰でも楽しむことができるようになっています。その素晴らしいムービー機能をビギナー向けに紹介するため、短期連載をスタートします。まず今回は「LUMIX S5」の基本ムービー機能をザッと見ていきましょう。

豊富な動画フォーマット


 「LUMIX S5」はフルサイズフォーマットのデジタルカメラです。描写性能の高いその大きなセンサーサイズを有効に使ったフルサイズ画角と、APS-C画角を切り替えて撮影することができます。単焦点レンズを装着していてもモードの切替で2つの焦点距離を使うことが可能なのです。これはとても便利ですね。

 このムービーは「LUMIX S5」に「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」を装着してテレ端の60mmで撮影したものです。このようにフルサイズフォーマットでの60mmと、1.5倍の画角となるAPS-Cフォーマットでの90mmという2つの画角を使うことができるのです。フォーマットを切り替えることによって30-90mmのズームとして利用可能となります。


 また記録形式も多彩です。とても多くの形式を備えるので、詳細はパナソニック公式サイトを確認していただくとして、簡単に説明すると「解像度」と「フレームレート」、「ビットレート」などの組み合わせが豊富にあるということです。しかもそのモードによっては記録時間に制限がない、高いフレームレートで撮影できるなど、実に使い勝手のいい仕様になっているところに注目です。

s5_movie_img02.jpg

 さらにHDMI端子経由で外部機器に向けて5.9Kという高画質の出力を行うことも可能です。これにより編集ソフトを使って色味などの編集を自在にできます。映像制作者にとってうれしい機能ですね。これらについてはあとの回で解説する予定です。

カメラ単体でシネマルックなムービー撮影を


 「LUMIX S5」はカメラに搭載されている標準機能を使って、まるで映画のようなムービーを撮影できます。スチル撮影時と同じように「フォトスタイル」をそのまま活用でき、このモードにセットするだけで美しい映像を撮影可能です。

 カメラのキタムラ 東京・玉川高島屋店がある二子玉川の街を多摩川越しに撮影してみました。フォトスタイルを変化させ5秒ごとにまとめています。スタンダード、ヴィヴィッド、ナチュラル、L.クラシックネオ、フラット、風景、人物、モノクローム、L.モノクローム、L.モノクロームD、L.モノクロームS、シネライク D2、シネライク V2、709ライク、V-Logと録画ボタンを押すだけで、誰にでもカンタンに印象的なムービーが撮影可能です。

 このほかに自分で登録できるMY PHOTOSTYLE や、HLGフォト設定時のみ、スタンダート(HLG)、モノクローム(HLG)を設定することができます。また自分好みに彩度やコントラストなどの調整も可能なので、より深い表現が実現できるのです。


 さらに22種類もの「フィルター効果」も搭載しています。こちらも「フォトスタイル」と同じようにメニューから選ぶだけで印象的なムービーの撮影が可能になっています。


 古民家の軒先をフィルターの効果を変えて撮影してみました。ポップ、レトロ、オールドデイズ、ハイキー、ローキー、セピア、モノクローム、ダイナミックモノクローム、インプレッシブアート、ハイダイナミック、クロスプロセス、トイフォト、トイポップ、ブリーチバイパス、ジオラマ、ファンタジー、ワンポイントカラーと親しみやすいネーミングなのでわかりやすいですね。このように「LUMIX S5」は搭載されている機能だけで、人目を引くムービークリップを収録可能なのです。

超カンタン!スローモーションとクイックモーション


 「LUMIX S5」は印象的なムービー作品に欠かせないスローモーションとクイックモーションもカンタンに撮影できます。ボディ上面のダイヤルにある専用の「S&Q」モードがそれです。これにセットしてスローかクイックかを選ぶだけでOKです。ムービーは一般的に1秒間に30コマなので、設定で180fpsを選べば6倍のスローモーションに、反対に10fpsに設定すると3倍のクイックモーションになるというわけです。2.5倍と3倍スローモーションはマニュアルフォーカスに、3倍の場合はクロップになります。4KかフルHDかで設定できるフレームレートが異なります。

 走る電車をスローモーションとクイックモーションの両方で撮影しました。2倍スローと2倍クイックですが、優雅に走るイメージと疾走するイメージの2つの雰囲気を出すことができました。このようにダイヤルと設定をセットするだけで、記憶に残るシーンをパッと撮影できるのが「LUMIX S5」の良さですね。

手持ちでもブレが少ないムービー撮影ができる LUMIX S5


 ザッと「LUMIX S5」のムービー基本性能をおさらいしましたが、映画のような色合いのフィルター効果や、夢に出てくるようなスローモーションまで、リッチな描写を手軽に撮影できるフルサイズミラーレス一眼カメラだということがお分かりいただけたでしょう。軽量コンパクトながらフルサイズセンサーを搭載した「LUMIX S5」はスチルだけでなくムービーでも大活躍するカメラなのです。種類豊富なLマウントレンズを使用できたり、強力な手ブレ補正機能「Dual I.S.2」で手持ち撮影ができたりするなど、ビギナーからプロフェッショナルまで幅広いユーザーが楽しめる素晴らしいカメラに仕上がっています。

パナソニック LUMIX S5レンズキット .jpg

 最後に「LUMIX S5」にキットレンズ「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」を装着して、イージーに手持ち撮影をして収録したムービーをカンタンに繋いだものをご紹介します。モードダイヤルをムービーにして録画ボタンを押しただけですが、買ったその日からこんな美しい4Kムービーがハンドヘルドで撮影できる「LUMIX S5」。本当に楽しいカメラだと思います。次回はビデオ三脚や電動ジンバルと組み合わせた撮影法などをご紹介したいと思います。


■写真家:三井公一
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービー、執筆、セミナーなどで活躍中。有限会社サスラウ 代表。



その他の商品はこちらから