ソニー α1 レビュー(後編:風景・ステージ撮影)|葛原よしひろ

031.jpg

はじめに


 今回はSONYより発売されましたα1のレビュー後編です。
前編では秒間30コマ、8K動画、鳥瞳AF、1/400シンクロをメインにお話させて頂きましたが、今回は風景写真やステージ撮影について作例と機能説明を交えてレビューさせて頂きたいと思います。

α1の風景写真について


019.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 24-70mm F2.8 GM
■撮影環境:ISO100 SS30秒 F22
 先ずは風景撮影から。この写真は私の地元、滋賀県高島市の白髭神社の湖上鳥居ですが、夕暮れ時のびわ湖と空が淡い色に包まれるシャッタータイムに撮影。前編でも触れましたがα1の発色は本当に良くて風景撮影が楽しくなります。

020.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 24-70mm F2.8 GM
■撮影環境:ISO100 SS30秒 F11
 こちらも高島市での撮影です。この場所は冬になると、びわ湖岸のヨシを刈り取り春先に燃やすのですが、刈り取った後のこの場所が好きでよく撮影する場所です。刈り取られた地面のヨシが一本ずつ解像しているのは流石5000万画素の高画素機ですね。

 構図を決めるのもピント合わせも、電子ファインダーが画面の四隅までクリアで視野も広いく、凄く楽でした。この発色と解像感と操作性は風景撮影が楽しくなるカメラですね。

α1のステージ撮影について


021.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 12-24mm F4 G
■撮影環境:ISO6400 SS1/400 F4
 次は舞台撮影に使用してみました。この舞台撮影は通常の公演ではなく私のSONY αアカデミー撮影講座として無観客で開催したときに撮影した写真です(無観客ですが演者さんは本気のステージを演じて頂いております)。α1の暗所性能とダイナミックレンジは、高画素機という事で期待は薄かったのですが、想像を遙かに上回る好印象でした。

022.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 12-24mm F4 G
■撮影環境:ISO6400 SS1/400 F4

023.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 12-24mm F4 G
■撮影環境:ISO6400 SS1/400 F4
 演奏してくれたのは関西を中心に活動するバンドHEROES GSです。感度ISO6400でも暗部のノイズも少なく、ディティールもハイライトから暗部までしっかり出ており演奏中の仕草までも解像しているので、ライブの雰囲気がしっかり伝わります。

 ドラムもギターも、かなり動きながら演奏しているのですが暗い場所でもAFがキッチリ追従してくれるので、フォーカスはカメラ任せで撮影出来ました。そして良く出来ていると感心したのがフリッカーレス機能でした。α1は電子シャッターやLED照明にも対応した設定が出来るので、このようなステージやスポーツの屋内撮影でも安心して使用出来るのは素晴らしい機能です。

 因みに電子シャッターでのフリッカーレス機能搭載はレンズ交換式カメラとしては世界初*との事です。勿論メカシャッターでもフリッカーレス機能は搭載されておりますので、メカ/電子どちらのシャッターでも選んで使えるのは対応の幅が増えるので嬉しいですね。
* 2021年1月広報発表時点、ソニー調べ。フルサイズレンズ交換式デジタルスチルカメラにおいて

024.jpg
■使用機材:SONY α1+ FE 85mm F1.4 GM
■撮影環境:ISO6400 SS1/1250 F1.6
 続いてはMISS GRAND JAPAN2020ファイナリスト安藤美樹さんのステージ。女性なので設定をPTモードに変更して、コントラストとシャープネスを下げた設定で、柔らかい雰囲気に撮影してみました。この設定について以前はクリエイティブスタイルという名称で私は凄く活用していた機能なのですが、α1ではクリエイティブルックという新機能になっており、更に細かく深い設定が可能となりましたので、今後ゆっくり研究したいと思いました。

アンチディストーションシャッターについて


025.jpg
■使用機材:SONY α1+FE 600mm F4 GM OSS+1.4X Teleconvertor
■撮影環境:ISO200 SS1/2000 F5.6
 アンチディストーションシャッターについてのレビューです。
 電子シャッターを使用すると高速で動く動体は変形して描写されてしまうのですが、α1にはα9 IIより約1.5倍の歪みを抑えたアンチディストーションシャッターが搭載されています。

 そもそも電子シャッターにアンチディストーションシャッター機能が搭載されているカメラ自体が少なく、秒間のコマ数がメカシャッターを上回っても実質作品撮りとして使用するのが難しいカメラが多い中、SONYはα9よりアンチディストーションシャッターを搭載しており、その機能が更に進化したという事で、試す他有りません。

 私がこの機能に拘る理由として前編でレビューさせて戴いたような野鳥等、サイレント=電子シャッターが必須と思える環境下での撮影において、メインカメラとして選ぶ際に最重要項目でも有るからです。

026.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 24-70mm F2.8 GM
■撮影環境:ISO6400 SS1/32000 F2.8
 この写真は仕事で京都から大阪に移動する際に、阪急電車の特急の車窓から通過駅を通過中にシャッタースピード1/32000で連写した内の一コマです。通常このような撮影で電子シャッターを使用すると駅の看板や柱が傾くのですが、この写真を見る限り殆ど歪みを感じません。
 併せてシャッタースピード1/32000での撮影なので停車中の車窓に見えると思いますが、先にも書きましたが特急電車が通過中の駅を走行中に撮影した写真です。駅の看板までクッキリシャープに読めますので解像感も凄くて驚きました。

■使用機材:SONY α1+ FE 85mm F1.4 GM

 そのまま電車を降りた十三駅にて阪急電車の出発を4K120fpsの動画で撮影しました。前編では8K30fpsでのコハクチョウの飛び立つシーンの動画を掲載しておりますので、そちらと見比べて欲しいです。

 解像感では当然のことかもしれませんが、8K30fpsが勝っております。しかし動体撮影のスムーズな動きではこちらの4K120fpsが勝っており、撮影者のイメージと被写体に合わせた設定をする必要が有ると思います。この動画では阪急電車が停車状態から出発して徐々にスピードを上げていくところの描写に120fpsの良い部分が出ていると思います。

ピクセルシフトマルチ撮影について


027_PSMS16.jpg
028 PSMS無.JPG
■使用機材:ソニー α1 + FE 24-70mm F2.8 GM
 こちらはピクセルシフトマルチ撮影機能を使用して撮影した写真(上)と通常撮影(下)の比較です。ピクセルシフトマルチ撮影機能を使用した方の写真は、撮影時に4枚合成と16枚合成が選べるのですが、16枚7億9626万画素の情報から1億9900万画素の画像を生成した写真になります。

 パッと見ただけでも色の再現性と質感描写には違いを感じますが、解像感については元々が5000万画素の写真なので下にこの写真を拡大した物を掲載させて頂きます。
029 拡大PSMS16.jpg030 拡大PSMS無.jpg
■使用機材:ソニー α1 + FE 24-70mm F2.8 GM
 こうして拡大するとピクセルシフトマルチ撮影を使用した写真の方が、葉の葉脈部分のような細かなところまで解像している事が良く解りますね。
 今回、α1のピクセルシフトマルチ撮影はフラッシュ同調速度1/200での使用が可能となりましたので、より環境に左右されずに撮影ができ、かなり身近な機能になってきたと思います。

さいごに


031.jpg

 SONYの新しいフルサイズミラーレス一眼のフラッグシップ機α1について前編と後編に分けてレビューさせて頂きましたが、それでもお伝え出来なかった機能が沢山あり本当に凄いカメラが出てきたと思います。

 私のように被写体を選ばずノンジャンルに撮影する者にとって、α1はどのような被写体を撮影する時でも高次元で答えてくれる本当の意味で万能機だというのが率直な感想です。今回は短い期間で出来る限り多種のジャンルの撮影をしてみましたが、思い返せばもっと他の機能も使えば良かったかもと思う所が多いので、これからゆっくりと時間を掛けて確かめながら最適な設定を見つけて、更に自分の表現に繋げたいと思います。

 最後にもう一点機能のお話。上の写真のようにα1は電源OFFの状態でシャッター幕が閉じる設定に出来るようになりました。レンズ交換時に埃が直接イメージセンサーに付着することを大幅に削減できる事はレンズ交換で気持ちが楽になりましたので大歓迎な機能です。でも閉じている部分はシャッター幕本体なので絶対に触ったりしないように注意して下さいね。

018.jpg

■写真家:葛原よしひろ
ジャンルに捉われず何でも撮影するマルチプレイヤースタイルの写真家。カメラメーカー等の写真セミナー講師としても全国的に活動している。大阪芸術大学写真学科卒、滋賀県高島市公認フォトアドバイザー、JPS(日本写真家協会)正会員


「α1」はこちらの記事でも紹介されています


■前編記事
ソニー α1 レビュー(前編:野鳥・ポートレート)|葛原よしひろ
https://shasha.kitamura.jp/article/480563123.html

■ソニー α1 レビュー|スポーツ撮影現場で使ってみました!(坂井田富三)
https://shasha.kitamura.jp/article/480653303.html

■ソニーストア銀座での取材記事
ソニー フルサイズミラーレス α1|新次元フラグシップモデルが登場!
https://shasha.kitamura.jp/article/479818915.html

特集ページ


 α1特集ページでは、他製品とのスペック比較や同製品に合う人気アクセサリーなども紹介しています。ぜひコチラの特集ページも合わせてご覧ください。

bnr_708-190.jpg