キヤノン RF14-35mm F4 L IS USMが登場!|担当者へのインタビューから魅力を紹介

B61A8445.jpg

はじめに


 キヤノンからフルサイズミラーレスカメラ用交換レンズの「RF14-35mm F4 L IS USM」を2021年9月下旬に発売するとアナウンスがありました。これでRFマウントの小三元が全て揃うことになります。本製品の魅力について、キヤノンマーケティングジャパン カメラ営業二部 営業第一課のご担当の方へインタビューしましたので是非ご覧ください。

概要


― 前モデル「EF16-35mm F4L IS USM」からの主だった進化点を教えてください

 画角が2mm広角になり、カメラレンズ協調ISで7段の手振れ補正を実現し、更に寄れるように進化しました。サイズも13mm短く75g軽くなったことで取り回しも従来より向上しています。

B61A8435.JPG
左:EF16-35mm F4L IS USM、右:RF14-35mm F4 L IS USM

― どんな方におすすめのレンズですか

 EFレンズにおける「F4Lズームレンズシリーズ」は、ズーム全域での開放F値4の高画質と携帯性を両立するシステムとして、プロ・ハイアマチュアを中心に幅広いユーザーに使用されてきました。今回のレンズは広角が2mm広がったこと、小型軽量化したことにより、今まで以上に幅広いユーザー使って頂けるレンズに仕上がっております。

超広角14mm


C 071A8076.jpg

― EF16-35mm F4L IS USMから比べて広角側を2mm広くした理由を教えてください

 RFマウントの大口径・ショートバックフォーカスがもたらす自由度の高いレンズ設計により、カメラ側の撮像面近くに大口径レンズを配置できるため、焦点距離14mmから35mmのズーム全域での高画質の実現が可能となったためです。

C 071A7721.jpg

― 超広角にも関わらず正面にフィルターが装着可能とお伺いしました

 本レンズは14mmという超広角をカバーしながらフィルターを装着することが可能となっています。風景撮影でPLフィルターを使用し、水面や空の光の反射を抑制したり、NDフィルターを使用し水面を長時間露光で流して撮影することが出来ます。また、F4 L IS USMズームレンズシリーズはすべてフィルター径77mmを採用しています。各レンズごとにフィルターを用意しなくてもいいのも、F4 L IS USMの魅力だと考えています。

軽量コンパクト


B61A8446.JPG

― 広角端14mmの超広角ズームレンズになったにも関わらず、小型軽量になっていますが、どのようにしてこれを実現されたのでしょうか

 RFマウントの大口径・ショートバックフォーカスがもたらす自由度の高いレンズ設計により、高画質化と小型・軽量化を両立しています。本レンズはカメラ側で歪曲収差を電子歪曲収差補正することで優れた携帯性を実現しています。

ボディ側での収差補正


C 069A0582.jpg

― 「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」と同じく、露光や歪曲収差補正をEOS Rボディ側にまかせているとの事ですが、L(Luxury)レンズへ搭載する事への抵抗はなかったのですか

 RF24-240mm F4-6.3 IS USMと違い、仮に社外製RAW現像ソフトを使用して無理やり補正を外したとしても、四隅がけられることは無くL(Luxury)レンズとしての基準をクリアしていると考えます。ただ勿論14mmはかなり広角な画角ですので、ある程度歪みが発生します。16mmまでズームすることで歪みはかなり改善しますので、歪みが気になるシチュエーションでの撮影は16mmまでズームすることをおすすめいたします。

― EOSRボディ側の収差補正はJPEGのみとの事ですが、RAWで撮影する人はどのように収差を補正をすれば良いですか

 弊社RAW現像ソフトDigital Photo Professional 4をご使用下さい。

― EOS R5やR6のRAW動画撮影時にはどうなりますか

 ある程度歪みは生じますが動画撮影は問題なく行うことが出来ます。

手振れ補正


― レンズ側で5段、EOS R5とR6との協調ISで最大7段の手ブレ補正効果と伺っております

 山奥にある滝などで、NDフィルターを用いて長時間露光を手持ちで撮影することが可能です。従来三脚がないと撮影出来ないようなシチュエーションでも積極的に撮影できるのが本レンズの魅力となっています。

最短撮影距離・撮影倍率


― 全域で最短撮影0.2m、倍率0.38で接写できるとの事ですが、どのようなシーンで活用いただきたいですか

 静止画での物撮り等はもちろん、室内での動画撮影でも使用頂けると思います。特に最近流行りのVlogなどで近接撮影に強い本レンズは活躍できると思います。

さいごに


C 071A9347.jpg

C 071A8160.jpg

 RF14-35mm F4 L IS USMは前モデルから様々な進化を遂げている事がわかりました。機動力が増したでけでなく、2mm広角になった事や正面にフィルターを装着できるようになった事で本格的な風景写真までも気軽に楽しめるようになりとても魅力的なレンズであると感じました。次回は写真家の方に写りについてもレビューしてもらいますので、そちらの記事も楽しみにしていてください。

ご予約受付中!(高価買取20%UP実施中)


bnrcanon-14-35mm-b.jpg

 只今ご予約を受け付け中です。ご購入時の特典として当社指定機種を買取査定額より20%UPして下取りしていますので詳しくはこちらからご覧ください。

■更新
・2021年7月5日:予約開始に伴い、予約受付中の内容へ差し替えました。



その他の商品はこちらから