シグマ 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports レビュー|三井公一

00_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsの製品画像.jpg

ミラーレス一眼カメラ専用設計の「DG DN」シリーズ初の「Sports」レンズ


 優れた交換レンズを多数リリースしている「シグマ」。その製品群は3つのプロダクト・ラインにカテゴライズされているのをご存じでしょうか。「Art」、「Contemporary」、「Sports」の三種類に分けられ、それぞれ特徴が与えられています。

 たとえば「Art」の場合は「あらゆる設計要素を、最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発。高水準の芸術的表現を叶えるアーティスティック・ライン」になります。次に「Contemporary」の場合は「最新のテクノロジーを投入、高い光学性能とコンパクトネスの両立で、幅広い撮影シーンに対応するハイパフォーマンス・ライン」です。最後に「Sports」の場合は「高度な光学性能と表現力はそのままに、撮影者の意図にダイレクトに応え、高い運動性能を発揮するスポーティ・ライン」となっています。

 とは言えどのプロダクト・ラインも素晴らしい画質と操作性、そしてビルドクオリティを誇っていることに変わりはありません。今回は「Sports」ラインにようやくミラーレス一眼カメラ専用設計の「DG DN」レンズが登場しました。超望遠ズームレンズ「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」です。焦点距離は150-600mmと、望遠域から超望遠域までカバーするとても使い勝手のいいものになっています。その名の通り、スポーツはもちろん、風景撮影などにも活躍するレンズだと言えるでしょう。

「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」のスペック


それでは「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」のスペックを確認してみましょう。

・焦点距離 150-600 mm
・開放絞り値 F5-6.3
・最小絞り F22-29
・レンズ構成 15群25枚
・最短撮影距離 0.58-2.8 m
・最大撮影倍率 1:2.9(180mm時)
・フィルター径 95 mm
・最大径 x 長さ 109.4 x 263.6 mm
・質量(重さ) 2100 g
・防塵防滴 あり
 ※(Lマウント版のスペックとなります)
・付属品 ケース、かぶせ式フード(LH1034-01)、かぶせ式キャップ(LC-747E)、ショルダーストラップ・三脚座(TS-121)組込み

 2キロを少し越える程度の軽さで、楽々と振り回せる高性能超望遠ズームレンズに仕上がっています。これなら持ち歩き時やフィールドでも快適に撮影に臨めそうですね。

最新のミラーレス一眼カメラ専用設計


 「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」はシグマ最新の光学設計がなされています。FLD4枚、SLD2枚と特殊な硝材を採用した15群25枚のレンズは、各収差を徹底的に抑えて、画面中央部から周辺部まで高い画質を実現。ズーム全域において安定した描写を堪能できるようになっています。テレ端の600mm域は当然のこと、ワイド端の150mm域でも優れた写りを実感できることでしょう。

 驚きなのはワイド端150mmでは最短撮影距離がなんと58cmということ。テレマクロ的に使える便利な超望遠ズームレンズになっています。またLマウント版は1.4倍、2倍のテレコンバーター2種類「TC-1411」、「TC-2011」に対応。最大1200mmでの圧倒的な焦点距離でのオートフォーカス撮影が可能です。

充実と納得の操作性


 「Sports」ラインのレンズということで運動性能とタフネス性能も特徴です。オートフォーカスは「高精度磁気センサー」を搭載。鏡筒内を移動するフォーカスレンズの位置決めを正確かつ高速に行っています。望遠レンズはそれの移動量が大きいので、これはとても重要なポイントでしょう。また超望遠ズームレンズということで「OS」手ブレ補正機能も素晴らしいものになっています。手持ちでの撮影を可能にするため、約4段分※もの効果を達成。シャープな像を得られるとともに、被写体を追いかけるときにも有効ですね。

 鏡筒の3箇所に設けられた「AFLボタン」はどんなポジションでもフォーカスロックが可能。対応したカメラではボディから各種機能の割当もできるようになっています。また新設の「ズームトルクスイッチ」は、ズーミングの重さをT(タイト)とS(スムーズ)、そしてL(ロック)に設定ができます。Tにすれば粘りのあるズーミングができ、レンズの自重による動きを防ぐことが可能になっています。もちろん「フォーカスリミッタースイッチ」や「カスタムモードスイッチ」も備えています。回転式三脚座がアルカスイス対応というもの見逃せません。

 スポーツや報道などのシーンで使われることが多い超望遠ズームレンズなので、防塵防滴のタフネスさもしっかりと備えています。過酷な環境下での撮影も安心して行える仕様なので安心ですね。さらに前面のレンズには撥水防汚コートを採用し、メンテナンスもクイックに行えるところも魅力です。そのレンズ鏡筒はアルミニウムやアルミニウムに近い熱収縮率を持つポリカーボネート TSC(Thermally Stable Composite)を使用し、小型軽量化と堅牢性を高い次元で達成しています。シグマSportsラインの一眼レフ用モデル「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports」からは重さ760g、長さ26.6mmのサイズダウンという驚きのスペックは、シグマが誇る会津工場の「匠」が結実したものと言えるでしょう。

※約4段分の手振れ補正はCIPA準拠によります(35mmフルサイズカメラを使用し、焦点距離600mmにて測定)。

実写


 「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」のテレ端 600mm は素晴らしい写りを見せてくれます。気温が上がり空気が揺らぐ時間帯でしたが、遠くに停泊する巡視船の雄姿をシャープに捉えてくれました。世界最小最軽量のミラーレス一眼カメラ「SIGMA fp」シリーズに装着してもなかなかのバランス感でしたよ。

01_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで停泊する巡視船を撮影した作例.jpg
■撮影機材:SIGMA fp L + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/8 1/500秒 ISO100 露出補正-1.3 焦点距離600mm

 Lマウント用の2倍テレコンバーター「TC-2011」を使用して1200mmで撮影しました。夕陽を浴びてレインボーブリッジを渡る車両をドラマチックにキャプチャーできました。最大1200mmという「眼」は撮影領域を格段に広げてくれますね。

02_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsに2倍のテレコンバーターを使い焦点距離1200mmで撮影した作例.jpg
■撮影機材:SIGMA fp L + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports + 2倍テレコンバーター「TC-2011」
■撮影環境:f/18 1/320秒 ISO160 露出補正-1.7 焦点距離1200mm

 600mmテレ端も素晴らしいですが、ワイド端150mmもヌケ感と発色がよく、実にシャープに解像してくれます。目が覚めるようなワイド端の描写は、超望遠ズームレンズとしての資質の高さを物語っています。

03_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで観覧車を150mm広角側で撮影した作例.jpg
■撮影機材:SIGMA fp L + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/8 1/320秒 ISO100 露出補正-0.3 焦点距離150mm

 こちらがテレ端600mmでのカットです。観覧車の質感が何とも言えませんね。金属の質感、立体感、色彩感が本当に見事です。超望遠域でも手持ちでラクラク撮れるのが何よりもうれしいですね。

04_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで観覧車を600mm望遠側で撮影した作例.jpg
■撮影機材:SIGMA fp L + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/8 1/320秒 ISO125 露出補正-0.3 焦点距離600mm

 こちらのカットはパナソニック「LUMIX S5」に装着して撮影したカットです。生憎の猛暑で地表付近は揺らぎが出るコンディションでしたが、ヌケ感の高いスッキリとしたイメージを撮影できました。こちらはワイド端150mmとなります。

05_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで飛行機を150mm広角側で撮影した作例.JPG
■撮影機材:LUMIX S5 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/7.1 1/400秒 ISO150 焦点距離150mm

 同じくパナソニック「LUMIX S5」でのカット。今度はテレ端600mmです。旅客機のボディがクリアに写しとられています。「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」はLマウントアライアンスのカメラを使うフォトグラファーにとって、超望遠ズームレンズという世界の扉を開いてくれました。これはうれしいですね。

06_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで飛行機を600mm望遠側で撮影した作例.JPG
■撮影機材:LUMIX S5 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/8 1/400秒 ISO100 焦点距離600mm

 離陸した飛行機をコンティニュアスオートフォーカスでシャッターを切り続けました。パナソニック「LUMIX S5」は正確かつスピーディーにそれが雲間に消えるまで追従して捉え続けました。軽く振り回しやすい「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」は、長時間空港のデッキで撮影しても疲労を最低限にしてくれます。

07_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsでのコンティニュアンスフォーカスで撮影した作例.JPG
■撮影機材:LUMIX S5 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/8 1/500秒 ISO100 焦点距離600mm

 暑さが一段落した河川敷のグラウンドで、黙々とリフティングの練習をする少年。その様子をテレ端600mmで撮り続けましたが、よく効く手ブレ補正機能のおかげでしっかりとファインダーの中に捉えられました。気軽に持ち歩ける超望遠ズームレンズは、撮影フィールドを広げてくれるのでとても面白いですね。

08_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで少年を600mm望遠側で撮影した作例.jpg
■撮影機材:SIGMA fp + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/8 1/320秒 ISO100 露出補正-0.7 焦点距離600mm

 同じ河川敷でイヌの散歩をする人々を撮りました。夕陽を浴びた感じが実にいい雰囲気ですね。超望遠ズームレンズというとスポーツや野鳥撮影というイメージがありますが、「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」は軽量コンパクトなので、気軽に持ち出してスナップや風景撮影にも活用できそうです。もちろん運動会やイベントの撮影にも活躍することでしょう。

09_SIGMA 150-600mm F5-63 DG DN OS  Sportsで河川敷をイヌを連れて散歩する様子を撮影した作例.jpg
■撮影機材:SIGMA fp + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports
■撮影環境:f/7.1 1/320秒 ISO160 露出補正-0.7 焦点距離600mm

まとめ


 「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」はまずその軽さと小ささが素晴らしいです。それでいて写りもズーム全域で良好なので、気軽に持ち出して撮影をしたくなるレンズに仕上がっています。造りも堅牢で防塵防滴のタフネスさがありますし、オールマイティーに活躍する超望遠ズームレンズになっていると言えます。スポーツや野生動物の撮影にはもちろん、風景やスーパーテレフォトスナップ撮影にも有効です。テレ端600mmの世界は、今までの望遠レンズ撮影とは違う世界を見せてくれるに違いありません。

■写真家:三井公一
 新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービー、執筆、セミナーなどで活躍中。有限会社サスラウ 代表。


シグマ 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports レビュー記事はこちらでもご覧頂けます



シグマ 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports レビュー|葛原よしひろ
~ ソニー Eマウント用にスポットを当てたレビューになっています ~
https://shasha.kitamura.jp/article/484002727.html



その他の商品はこちらから