iPhone 13 Pro シリーズのカメラ性能をプロフォトグラファーがレビュー|三井公一

00_iPhone 13 Proの製品画像.jpg

「iPhone 13 Pro」シリーズがカメラユニットを大型化して登場!


 今年も注目のスマートフォン、アップルの「iPhone」シリーズが登場しました。この「iPhone 13」シリーズは全部で4種類。「iPhone 13」、「iPhone 13 mini」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」となります。この中でもカメラユニットを大きくして性能をアップした、要注目の「iPhone 13 Pro」シリーズを試してみました。

「iPhone 13」シリーズの特徴


 「iPhone 13」シリーズは画面の大きさとカメラ機能の性能によって分けられます。ベーシックな「iPhone 13」は画面サイズ6.1インチの超広角+広角のデュアルカメラ仕様。小さくてかわいい「iPhone 13 mini」は画面サイズ5.4インチの超広角+広角のデュアルカメラ仕様。超広角+広角+望遠のトリプルカメラ搭載「iPhone 13 Pro」は画面サイズ6.1インチ。そして、最も大きい画面の「iPhone 13 Pro Max」は6.7インチとなっています。この「Pro」の名を冠したモデルは最先端のカメラ性能を誇っており、ShaSha読者も気になる存在でしょう。

 前のモデル「iPhone 12 Pro」シリーズでは「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」とでカメラ性能に差がつけられていましたが、今回のモデルからはそれが同スペックとなりました。なので自分なりの撮影スタイルに合ったものをチョイス可能です。これはうれしいですね。

・「iPhone 13 mini」:5.4インチ 超広角+広角
・「iPhone 13」:6.1インチ 超広角+広角
・「iPhone 13 Pro」:6.1インチ 超広角+広角+望遠
・「iPhone 13 Pro Max」:6.7インチ 超広角+広角+望遠

01_iPhone 13 Proシリーズ製品画像.jpg
iPhone 13 Proシリーズの3つのカメラ

「iPhone 13 Pro」シリーズのカメラスペックと実写


 トリプルカメラ搭載の「iPhone 13 Pro」シリーズですが、3つのカメラは全て1200万画素。4032 x 3024ピクセルの写真が撮影可能です。焦点距離とF値は下のとおりになっています。

・超広角カメラ:35mm版換算 約13mm F1.8
・広角カメラ:35mm版換算 約26mm F1.5
・望遠カメラ:35mm版換算 約77mm F2.8

02_iPhone 13 Proシリーズ 超広角カメラでの撮影画像.jpeg

 35mm版換算 約13mm相当の広大な画角は風景撮影にピッタリ。川面から対岸の屋敷までフレームに収めることができました。

03_iPhone 13 Proシリーズ 広角カメラでの撮影画像.jpeg

 「カメラ」起動するとこの画角になります。35mm版換算 約26mm F1.5の広角カメラは、シャープかつオートフォーカスも正確で、瓦屋根から護岸までキッチリと描写してくれました。

04_iPhone 13 Proシリーズ 望遠カメラでの撮影画像.jpeg

 望遠カメラは35mm版換算 約77mm F2.8。デジカメの中望遠レンズと張り合える長さと画角ですね。黒塗りの板塀のリアル感がスマートフォンで撮ったとは思えないほどの描写ですね。

 前のモデルより超広角カメラのF値が明るくなり、望遠カメラの焦点距離が長くなりました。これにより写真表現の幅が広がることになります。

 さらに、超広角カメラにはマクロ機能が搭載されました。レンズ前面から何と2cmまで被写体に寄れるようになったのです。これはユニークですね。超広角なのでパースペクティブを強調したマクロ写真が楽しめますね。

 望遠カメラは被写体を引き寄せ圧縮効果を演出した写真が撮影できます。都市風景の撮影などでもダイナミックな視点を得られるでしょう。もちろんポートレートモードで背景をぼかしたカットも撮影可能で、焦点距離が伸びたことによってより立体感のある表現ができそうです。

05_iPhone 13 Proシリーズでの撮影画像.jpeg

 小田急ロマンスカー「GSE」を停車中に撮影しました。今まで使っていた「iPhone 12 Pro Max」では望遠カメラが短く、ここまで大きく先頭車両を撮ることができませんでした。ここまでグッと引き寄せて撮れる新型は魅力的ですね。

06_iPhone 13 Proシリーズ 望遠カメラでの撮影画像.jpeg

 蔵の街で発見した商店の軒先です。どうやらお休みのようでしたが、「iPhone 13 Pro」の77mm相当の望遠カメラは、その閉まった引き戸を克明に写し撮りました。のれんとカーテンの煤けた感じ、ガラスの写り込み、戸のディテールが実に見事ですね。

07_iPhone 13 Proシリーズ超広角カメラでの撮影画像.jpeg

 超広角カメラは被写体にググッと肉薄できます。コーヒーカップに思い切り近づきましたが、金属の素材感までバッチリわかりますね。超広角なのでカップが面白くグニャリと写りました。

08_iPhone 13 Proシリーズでの撮影画像.jpeg

 家の玄関前で寝ていたイヌもこのとおり。一時期流行ったペットのデフォルメ写真も撮影できますね。それにしても毛並みがキレイなこと!解像感もなかなかです。

09_iPhone 13 Proシリーズ 広角カメラでの撮影画像.jpeg

 広角カメラの描写も向上しています。まずはゴーストやフレアの発生が低減したことです。竹林から差す光を撮りましたが、光芒を美しく撮ることができました。「スマートHDR4」によってヒトの見た目に近い描写を実現しています。

10_iPhone 13 Proシリーズでの撮影画像.jpeg

 室内でのホワイトバランス調整も進化しています。色かぶりが少なくなっており、自然でクリアな色再現をしているように感じました。

11_iPhone 13 Proシリーズ 広角カメラでの撮影画像.jpeg

 一番使用する広角カメラですが、センサーのピクセルサイズが1.9μmと大型化されているので、よりリッチで高品位な写りを楽しめます。もちろん、これにより低照度下の撮影も有利になりますね。小屋のディテールと発色、そしてホワイトバランスも秀逸です。

12_iPhone 13 Proシリーズでの撮影画像.jpeg

 ポートレートモードも望遠カメラが77mmになったことにより、背景を美しくぼかすことができるようになりました。また「A15 Bionic」と「Neural Engine」の力によるコンピュテーショナルフォトグラフィー効果で、境界の判定が以前のモデルより向上しています。背景と被写体をしっかりと認識、分離して光学的なボケに近づいてきた印象を受けました。

13_iPhone 13 Proシリーズ ナイトモードでの撮影画像.jpg

 ナイトモードも面白い機能です。このモードにセットして「iPhone」の指示通りキープすれば、明るく鮮やかな写真を低照度下でも撮影できます。三脚も照明もなしで驚くような写真を手にできるでしょう。

「フォトグラフスタイル」で自分のプリセットを適用


 新しい「フォトグラフスタイル」にも注目です。これは撮影前に自分好みの撮影パラメーター「トーン」と「暖かみ」を設定できるものです。一度設定してセットすればずっと自分のスタイルで撮影できる優れもの。iPhoneにはあらかじめ「標準」、「リッチなコントラスト」、「鮮やか」、「暖かい」、「冷たい」の5つが用意されています。ここからゲージを動かして設定を追い込んでいきましょう。アプリを使って撮影後に編集するのも楽しいですが、この機能を使えばシャッターを切るだけでオリジナルテイストの仕上がりが簡単に得られますよ。

14_「標準」設定の画像.PNG
「標準」

15_「リッチなコントラスト」設定の画像.PNG
「リッチなコントラスト」

16_「鮮やか」設定の画像.PNG
「鮮やか」

17_「暖かい」設定の画像.PNG
「暖かい」

18_「冷たい」設定の画像.PNG
「冷たい」

画期的な「シネマティックモード」が面白い!


 「ポートレートモード」ではスチル撮影で背景をぼかすことができますが、今回から搭載される「シネマティックモード」では何とムービー撮影でもそれが実現されたのです。しかも撮影後にフォーカス位置を指定することも、F値を変更することができるのです。これはスゴい!



 小雨降る巴波川を背景に画面左からフレームインしました。フォーカスが人物に当たり、背景がごくわずかにボケるのがわかるでしょう。そしてフレームアウトすると背景にフォーカスが移動します。これは「iPhone 13 Pro」を三脚につけてフルオートで撮ったものです。



 さて、上で撮影したムービーを「カメラロール」の編集で調整しました。F値を「F16」から「F2」と大きく絞りを開けた効果を出してみました。背景がグンとボケて雰囲気が出たことがわかります。このように、撮影後にボケ効果を出すことができるのが「シネマティックモード」なのです。フォーカス位置も同じ編集画面で指定可能となっています。今後のアップデートにより、プロ用のフォーマット「ProRes」での撮影と編集ができるとのことなので、「iPhone 13 Pro」シリーズでのムービー撮影がより楽しめそうですね。

まとめ


 このようにカメラ機能を強化した「iPhone 13 Pro」シリーズは撮影を存分に楽しめる5Gスマートフォンになっています。超広角から望遠まで、ポケットの中に入ってしまう驚くべきデジタルカメラと言える端末です。キタムラの店頭で実際に手に取って、その先進的なカメラ機能をぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


■写真家:三井公一
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービー、執筆、セミナーなどで活躍中。有限会社サスラウ 代表。