キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USM|メーカーインタビューから魅力に迫る

RF100-400mm F5.6-8 IS USM (4).jpg

はじめに


 キヤノンから望遠レンズであるRF100-400mm F5.6-8 IS USMが2021年10月下旬に発売されるとアナウンスがありました。このレンズは優れた描写性能と機動性を両立しています。また、別売りのエクステンダーを装着することで、焦点距離800mmまで望遠域を拡大し、被写体を大きく引き寄せた迫力ある撮影をすることができます。

 今回はキヤノンマーケティングジャパン担当者の方へのインタビューを交えつつ、この製品をご紹介していきます。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM.jpg

基本仕様と特徴


画角(水平・垂直・対角線)20°00′~5°10′・14°00′~3°30′・24°00′~6°10′
レンズ構成9群12枚
絞り羽根枚数9枚
最小絞り32(100mm時)、45(400mm時)
最短撮影距離0.88m(200mm時)
最大撮影倍率0.41倍(400mm時)
フィルター径67mm
最大径×長さ約φ79.5mm×164.7mm
重量約635g


・焦点距離100mmから400mmのズーム全域で高画質と小型・軽量を両立
・超音波モーター「ナノUSM」による高速かつ滑らかなAF
・本体との協調ISで最大6段分の効果を発揮する手ブレ補正

RF100-400mm F5.6-8 IS USM (2).jpg

メーカーインタビュー


■重量635gという値は、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMから半分以下、EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(約710g)よりも軽いレンズです。軽量化を可能とする要因や、開発に際し苦労された点はどのようなところでしょうか。

ーターゲットユーザー層における携帯性と実用性のバランスを取り、それを実現するため光学系を最適化し、さらに鏡筒や外装の構成部品に適材適所の材質を使用することで、堅牢性を確保しながらも軽量化を実現しました。

■コンパクトながら「UDレンズ」と「非球面レンズ」を含む9群12枚のレンズ構成で画質も妥協をしていないイメージです。

ー画質面で多くの方から好評を頂いていたEF70-300mm F4-5.6 IS II USMより75g軽量に、かつ望遠域を100mm拡張したうえで、同等の画質を有しておりますので、今回のRF100-400mm F5.6-8 IS USMも満足して頂ける仕様となっております。

■協調補正最大6段、レンズ単体でも5.5段分の手ブレ補正はEOS R5やEOS R6だけでなく、EOS RやEOS RPをお使いの方にも喜ばれると思います。

ー本商品は400mmという超望遠域を小型軽量かつ手に取っていただきやすい価格帯で手軽に楽しんで頂けるレンズに仕上がっております。ボディ内手ブレ補正を持たないEOS R、EOS RPでもレンズ内手ブレ補正により安心して撮影に集中できます。これから初めて望遠レンズを手にする方はもちろん、気軽に撮影するためのサブの望遠レンズとしてもお使い頂けるなど様々なユーザーに使って頂けるレンズだと思います。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM (4).jpg

■RF600mm F11 IS STMやRF800mm F11 IS STMを含め、RFレンズには一眼レフ用交換レンズとしては望遠で暗めのF値を設定しているレンズの開発にチャレンジされています。さらにエクステンダーも使用可能です。装着することでさらに暗くなるわけですが、結果的に多くのユーザーに受け入れられているイメージです。こういったある意味「暗いレンズ」の開発背景にはどのような理由がありますか。

ーミラーレスは一眼レフと異なりEVFを使用することによってレンズの明るさに左右されることなく見やすいファインダー像で撮影することができます。またRシステムのボディはデュアルピクセルCMOS AFによりF22の状態でもAFを使用することが可能ですし、最新のセンサーと映像エンジンの組み合わせで高感度性能も向上しております。

ーそのようなRシステムだからこそ実現できるスペックをもつレンズで、新しいユーザー体験による楽しみをご提供したいという想いがあります。

■お求めやすい価格に、軽量コンパクト、収差を抑えた描写力に手ブレ補正。多くの方にオススメしやすい望遠レンズだと感じました本レンズの発売で、RF用のエクステンダーも同様にお求めやすいモデルを期待される方が増えてくるのではないでしょうか

ー将来の具体的計画についてはお答えできませんが、従来のEFレンズ同様、幅広い撮影シーンをカバーする充実したラインナップを完成させることを目指しています。

さいごに


 RFマウントの望遠ズームレンズはRF100-500mm F4.5-7.1L IS USMがすでに発売されていますが、1,500gを超える重量(三脚座含む)のため、軽量で取り回しの効く望遠ズームの登場は多くのユーザーから望まれていました。短いインタビューでしたが、満を持して登場する本レンズは、キヤノンの自信が伺えるものでした。

 軽量コンパクトで画質、AF性能ともに妥協がなく強力な手ブレ補正の搭載。これまでこのラインではなかなか実現できなかったエクステンダー対応と、初代EOSRからEOSR5、R6。発売予定のR3まで多くのRSYSTEMユーザーにとって満足の行くレンズとなりそうです。

RF100-400mm F5.6-8 IS USM (3).jpg

キタムラネットショップ特集ページ


 カメラのキタムラネットショップの「RFレンズ」特集ページは下記バナーをクリック。2つの新たな「RFレンズ」を紹介中です。詳細はこちらよりご確認ください。

bnr_480178-1.jpg


その他の商品はこちらから