自然な描写とボケ味が魅力!パナソニックの「LUMIX S 35mm F1.8」を試す|三井公一

01_Lumix 35mm.JPG

ますます拡充!パナソニック LUMIX S F1.8シリーズ


 開放F値が「1.8」と明るく、小型軽量で大人気のパナソニック LUMIX S F1.8シリーズ。そのレンズラインナップにようやく「35mm」が加わりました。これで以前ご紹介した「LUMIX S 24mm F1.8」と「LUMIX S 50mm F1.8」、「LUMIX S 85mm F1.8」の合計4本になりました。これによって広角から中望遠まで、画質に定評ある「LUMIX S5」などでフットワーク軽く撮影を楽しむことが可能になりました。

02_F1.8シリーズ.JPG

LUMIX S 35mm F1.8の特徴


 「35mm」という画角は広角レンズながら、ヒトの見た目に近い自然なパースペクティブが魅力の描写となります。「50mm」の標準レンズより広い範囲を撮影可能ですが、被写体を大きくゆがめることなく写しとれるのが魅力です。ですのでスナップ撮影から風景、そしてポートレートまで存分に楽しめるとても使い勝手のいい焦点距離と言えるでしょう。

 「LUMIX S 35mm F1.8」はその使いやすい画角に「F1.8」という絶妙な明るさを採用したことがキモです。明るすぎず暗すぎない「F1.8」にしたことにより、レンズの大きさと重さを適度なものにすることができたのです。ボケ味も美しく品があり、作画の楽しさを十二分に堪能できるものになっています。ズームレンズ主体の構成に「はじめての単焦点レンズ」として加えるのにふさわしい1本です。

LUMIX S 35mm F1.8の仕様


 レンズ構成は9群11枚構成。撮影領域全域において優れた画質を実現するために非球面レンズを3枚採用して球面収差を抑制。さらにEDレンズ3枚を最適に配置することによって色収差を良好に補正しています。絞り開放から安定した描写を得られることでしょう。さらに、オートフォーカスも静かなのでムービー撮影の現場でも安心です。また、合焦速度と精度も両立しているので撮影時にストレスを感じることも少ないでしょう。

LUMIX「F1.8」シリーズの魅力


 「LUMIX S 35mm F1.8」が属する「F1.8」単焦点シリーズですが、操作性や仕様が統一されており、フォトグラファーやビデオグラファーが、「LUMIX S 35mm F1.8」から「LUMIX S 24mm F1.8」、「LUMIX S 50mm F1.8」、「LUMIX S 85mm F1.8」にレンズ交換した場合でもオペレーションに差違がなく撮影に集中できるようになっています。

03_F1.8シリーズ.JPG

■LUMIX「F1.8」シリーズの共通点
・サイズ(最大径Φ73.6mm、全長 約82.0mm)
・フィルター径(Φ67mm)
・フォーカスリングの位置
・AF/MF切替スイッチの位置

 さらに、一貫した描写性能が得られることによって画質が一定に保たれるようになっています。スチルだけでなく長尺のムービー作品ではうれしい仕様ですね。編集時のカラーマッチング作業が軽減されそうです。まさにクリエイター向けのシリーズと言えますね。広角から中望遠までのこのシリーズを揃えて、作品作りをしてみるのもオススメです。

ブラブラと実写スナップ!


 快晴の日。「LUMIX S5」に「LUMIX S 35mm F1.8」を装着してとある街をブラブラと撮影しました。商店街のファサードが気になって見上げて撮ったカットですが、そのパリッとした写りと、深い空の色に感銘を受けました。精細感と立体感の同居がいい感じですね。

04_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F8 1/500秒 ISO100

 同じ商店街のアーケード内を歩きます。角に昔懐かしいスタイルの玩具店がありました。お店をのぞき込むお客さんをパシャリ。外光が差す部分と日陰の部分がフレーム内にありますが、ハイライト部の粘る描写によって肉眼で見た感じに近い写りに仕上がりました。

05_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F3.5 1/320秒 ISO100

 「LUMIX S 35mm F1.8」の35mmという画角は広角ながらクセのない描写が可能です。建物の中を撮ったこのカットでわかるように、自然なワイド感の写真を撮影できるのです。直線は真っ直ぐに写り、実にシャープで芯のある描写が魅力です。太陽も写り込んでいますが、イヤなフレアやゴーストの発生もなく頼りになるレンズだと感じました。

06_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F5.6 1/1000秒 ISO100

 「LUMIX S 35mm F1.8」は優しいボケ味が魅力のレンズです。絞り開放で船具を狙いましたが、船体が美しくボケました。フルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S5」の上品な描写にマッチしている印象です。

07_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F1.8 1/8000秒 ISO100

 港に入っていた豪華な船を連続撮影しました。オートフォーカスも正確かつ高速で、しかも静粛性に優れているので申し分ありません。ムービー撮影時でも安心です。それにしても船の姿から、遠景の港の様子まで克明に捉えることができました。

08_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F5 1/640秒 ISO100

 港にあったオイルタンクを撮りました。その金属でできた表面の質感描写が実に見事です。リアル感溢れ、かつ非常にシャープな像を「LUMIX S 35mm F1.8」は見せてくれます。

09_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F7.1 1/1300秒 ISO100

 「LUMIX S 35mm F1.8」は近接撮影時の写りも素晴らしいですね。割れたガラスのドアをクローズアップで撮りましたが、F1.8絞り開放のピント面がキリリとキャプチャーできました。周辺のボケ具合もスムーズに感じます。

10_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F1.8 1/3200秒 ISO100

 「LUMIX S 35mm F1.8」は球面収差を抑制する非球面レンズ3枚、EDレンズ3枚で構成されています。色収差も良好に補正されており、絞り開放から安定した画質を誇ります。発色も鮮やかでダルマが美しく浮かび上がりました。

11_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F5.6 1/800秒 ISO100

 「F1.8」という開放値は十分に背景をぼかすことが可能です。これは紅葉に接近して絞りを開けて撮ったカットですが、背景にある電柱と電線もキレイにぼけて、狙ったとおりの効果が得られました。人物撮影でも有効なF値だと言えるでしょう。

12_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F1.8 1/5000秒 ISO100

 軽くて小さい「LUMIX S 35mm F1.8」は携行が楽チンです。旅行やちょっとしたブラブラ散策にも気軽に持ち出せます。「F1.8シリーズ」でレンズを揃えて旅に出るのもいいでしょう。瓦屋根に積もった落ち葉にフォーカスして、背景をぼかして撮ってみました。

13_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F1.8 1/60秒 ISO125

 「LUMIX S 35mm F1.8」は被写体で迫っての撮影が可能なので、「F1.8」という絞り値とで面白い効果の撮影ができます。サボテンに肉薄して「LUMIX S5」のシャッターを切りましたが、周囲がキレイにボケてくれて、立体感のあるカットになりました。このレンズ、自然な描写がいい感じですね!

14_作例.JPG
■撮影機材:パナソニック LUMIX S5 + LUMIX S 35mm F1.8
■撮影環境:F1.8 1/100秒 ISO100

LUMIX S 35mm F1.8の主要諸元



レンズ構成:9群11枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ3枚)
マウント:ライカカメラ社L-Mount規格準拠
画角:f=35mm:63°
焦点距離:f=35mm
開放絞り:F1.8
最小絞り:F22
絞り形式:9枚羽根 円形虹彩絞り
撮影可能範囲:0.24m~∞(撮像面から)
最大撮影倍率:0.22倍
フィルター径:Φ67mm
最大径×長さ:Φ73.6mm×約82.0mm
質量:約295g (レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)
動作環境(使用可能温度 / 湿度):-10~40 ℃ / 10~80 %
防塵防滴:あり
付属品:レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ

まとめ


 「LUMIX S 35mm F1.8」はクセのないとても自然な描写が楽しめる、軽くて明るいプライムレンズです。「F1.8」シリーズの「LUMIX S 24mm F1.8」、「LUMIX S 50mm F1.8」、「LUMIX S 85mm F1.8」と組み合わせて画質の平準化と、ムービー撮影のジンバル使用時オペレーションの簡略化など得られるメリットはさまざまです。フットワークを活かしたスナップ、風景、ポートレートモード撮影などオールジャンルで役に立つ高性能レンズに仕上がっています。


■写真家:三井公一
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービー、執筆、セミナーなどで活躍中。有限会社サスラウ 代表。

キャッシュバックキャンペーン実施中


 現在、パナソニックでは「F1.8単焦点レンズシリーズ キャッシュバックキャンペーン」を実施中。2022年3月13日(日)までにLUMIX Sシリーズレンズ F1.8単焦点シリーズを購入して専用台紙より応募すると、もれなく5,000~8,000円のキャッシュバックが受けられます。キャンペーンの詳細はこちらのページをチェック。

campaign_cashback2021.jpg


その他の商品はこちらから