おすすめ撮影スポット Vol.6『九十九里浜』|カメキタ店舗スタッフに聞いてみた!

02_作例.jpg

はじめに


全国の撮影スポットを紹介していくShaSha連載企画のVol.6。今回紹介する撮影スポットは、千葉県にある日本最大級の砂浜海岸「九十九里浜」。この撮影スポットの魅力やおすすめの撮影方法を、カメラのキタムラ渋谷店の大塚新さんに聞いてみました。今回はなんと全てフィルムカメラで撮影した写真で紹介いただきます。

撮影スポット情報


07_作例.JPG
■撮影機材:voigtlander Bessa R3a + COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P

■九十九里浜
住所:千葉県旭市から一宮町にいたる太平洋沿岸
代表的なアクセス:
○東関東自動車
 宮野木JCT→京葉道路→千葉東JCT→千葉東金道路→東金IC→国道126号線→東金九十九里有料道路→九十九里町
○京葉道路
 千葉東JCT→千葉東金道路→東金IC→国道126号線→東金九十九里有料道路→九十九里町
○圏央道
 東金IC→国道126号線→東金九十九里有料道路→九十九里町
おすすめの被写体:風景・ポートレート

「九十九里浜」の魅力と撮り方


― 「九十九里浜」の魅力、好きな理由

遠浅の海岸なので、朝焼けがきれいなところです

01_作例.jpg
■撮影機材:Rollei ROLLEICORD III

― おすすめの撮影時間

朝焼けの時間に撮るのが好きなので、日の出時間がオススメです

― おすすめ構図

海岸の波に陽の光の反射を入れます。フィルムで撮ると淡い色合いになって雰囲気が出てオススメです。人物撮影の場合、逆光気味で撮影してシルエットを出すのも良いですね。

02_作例.jpg
■撮影機材:CONTAX T3

03_作例.jpg
■撮影機材:CONTAX T3

― おすすめの画角

広角から望遠までどんな画角でも対応できます。広角で全景を写しても良いですし、人物撮影なら望遠レンズや明るい単焦点で背景をボカして抜けの良い写真が取れます。

04_作例.jpg
■撮影機材:富士フィルム 写ルンです

05_作例.JPG
■撮影機材:voigtlander Bessa R3a + COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P

― 撮影時におすすめのアクセサリー

海辺なのでクリーナーやクリーニングクロスなど、撮影後のメンテナンス用品は用意したほうが良いです。また、ちょうどこの時期はロモグラフィーのフィルムを好んで使っていました。コストパフォーマンスが一番の理由ですが、淡い風合いが海辺の撮影に合うと思います。

06_作例.jpg
■撮影機材:Rollei ROLLEICORD III

今回のスタッフ


■大塚新さん(カメラのキタムラ 渋谷店)

― 写真はどうやって勉強しましたか

自分の好みの写真を見て勉強します。以前は良くInstagram、Flickr、mixiなどを利用していました。また、雑誌だとCAMERA magazine(カメラマガジン)やPhoto GRAPHICA(フォトグラフィカ)はフィルム特集が多くよく見ていました。最近は写真集をジャケ買いして参考にしています。

08_作例.JPG
■撮影機材:PENTAX67 + SMC PENTAX 67 90mm f2.8

【お店の紹介】
カメラのキタムラ渋谷店は渋谷の道玄坂にある、フィルムの売上・フィルム現像の本数が日本一のお店です!フィルムの品揃えも多数ございます!同じビルの3Fにはキタムラの中古専門店もあり、カメラから現像までサポート致します。写真好き、フィルム好きの方はぜひ当店へお越しください

店舗住所:東京都渋谷区道玄坂2-25-9
営業時間:10:00-21:00
TEL:03-3463-2505
URL:https://blog.kitamura.jp/13/8308/


以上、カメラのキタムラスタッフが紹介するおすすめの撮影スポット紹介でした。今後も定期的に全国の撮影スポットを取り上げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■おすすめ撮影スポット記事一覧はコチラからご覧ください。



その他の商品はこちらから