齋藤千歳

カメラ・写真関連の電子書籍「ぼろフォト解決」および「Foton」シリーズの出版者。レンズやカメラをみると解像力などの実写チャートを撮影したくなる性質があります。千歳市在住で北海道各地を撮影しています。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】 超広角13.5mm相当で49mmフィルターが使用可能カメラ性能を凌駕する絞り開放からの高い解像力 最短撮影距離はわずか12cmと近接撮影に強いラオワの超広角の周辺光量落ちは確信犯!?9mmの超々広角にボケまで求めるのは酷かと多くのAPS-Cミラーレス一眼ユーザーに勧めたい1本 超広角13.5mm相当…
【この記事の目次】 カメラマンは実は運送業なのではないか?せっかくならいちばん高い、最高級がほしくなった価格差約17倍のカメラバッグ記録メディアやバッテリーはサブバッグに容量だけをみてバッグを買わないノートパソコンは食品保存容器に収納「より使いやすく」を、常に追求するカメラバッグシステムまとめ:気になるサイズ、スタイルのカメラバ…
【この記事の目次】 カメラのキタムラが撮像素子のクリーニングに対応センサークリーニングのできるキタムラを検索専門スタッフの安全・安心のセンサークリーニング最短10分のカメラ・レンズのクイックメンテナンス4月以降は400 店舗以上がセンサークリーニング可能にまとめ:センサークリーニングは最寄りのキタムラで決まり カメラのキタムラが…
【この記事の目次】 2019年6月に深センで生まれた新しいブランド開放ではやわらか、絞るとシャープな描写が魅力Mマウントでは常識の最短距離70cmは……周辺光量落ちには基本的にデジタル補正で対処ぼけの形にはもう少しの工夫を期待したいレンズを楽しくしてくれる新興ブランドを期待! 2019年6月に深センで生まれた新しいブラ…
【この記事の目次】 レンズ構成の約9割が特殊レンズという贅沢仕様F5.6前後では画面全体をしっかりと解像周辺光量落ちはデジタルの後処理で対処最大撮影倍率は0.1倍を切る0.09倍設計時点から重視されてない? ぼけ味さいごに レンズ構成の約9割が特殊レンズという贅沢仕様 ■使用機材:SAMYANG AF 18mm F2.8 FE…
【この記事の目次】 「フォクトレンダー史上最高の標準レンズ」F2.8で再び真円になる特別な12枚絞り羽根すべてを絵にしてしまう極上の解像力形も描写の美しいぼけディスクチャート平凡な最短撮影距離と最大撮影倍率に安心する周辺光量落ちはどうしても発生してしまうので注意をまるでひと皮むけたように見える魔性の解像感とぼけ 「フォクトレンダ…
【この記事の目次】 明るく、小さく、軽い結果がよすぎて不安になるほどの高い解像力最短撮影距離18cm、最大撮影倍率0.2倍の寄れる超広角最大の弱点である周辺光量落ちと、その対策12mmの超広角でぼかすならF2.8がおすすめ驚くような高い解像力が魅力のLAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 明るく、小さく、軽い ■L…
【この記事の目次】 シンプルで低価格な135mmF2.0の中望遠レンズ卓越した光学性能の高い解像力描写も形も美しい自然なぼけ味約2mmの被写界深度にピントを合わせる シンプルで低価格な135mmF2.0の中望遠レンズ ■SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC/Canon EOS 6D Mark II/13…
【この記事の目次】 カールツァイスは別格?ナノメートルオーダーの光学性能ソニーEマウントを選択するZEISS各種実写チャートからみるZEISS Batis 1.8/85レンズデザインや操作性についてZEISS Batis 1.8/85のまとめ カールツァイスは別格?  さて、今回はZEISS Batis 1.8/85についてお…
【この記事の目次】 Batisの中で光学性能的に最も好きな1本ZEISSだからこその135mmF2.8という数値スペック135mmクラスでは、どこまで被写界深度に入れるかが重要絞り開放F2.8から画面周辺部まで高い解像力うっとりするほど美しいぼけ描写は秀逸 Batisの中で光学性能的に最も好きな1本 ■ZEISS Bati…