井村淳

1971年生まれ。横浜市在住。
日本写真芸術専門学校卒業後、風景写真家竹内敏信氏の助手を経てフリーになる。「野生」を大きなテーマとして世界の野生動物や日本の自然風景を追う。
(社)日本写真家協会(JPS)会員。 EOS学園東京校講師。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】はじめに百獣の王も赤ちゃんは可愛い!!似ているようで全然違う!? チーターとヒョウネコ科だけが主役じゃない!! その他の肉食獣この記事に使用した機材 はじめに  ケニアに通うようになってしばらく経つと、自分の好みの被写体がわかってきます。もともと私は、肉食動物が草食動物を捕食する弱肉強食の世界を見たいと思ってい…
【この記事の目次】動物園で野生さながらの動物を檻を消すテクニック 切り取り方と明暗差で工夫する前ボケでよりリアルな動物の姿に使えると表現の幅が広がるスローシャッター動物園だからこそ撮れる作品デジカメを持って動物園へ行こうこの記事に使用した機材 動物園で野生さながらの動物を  今回は私がアフリカの大草原に憧れを抱いた頃に、野生動…
【この記事の目次】 サファリとはアフリカゾウは朝と夕方が狙い時キリンは高速シャッターでカバの戦闘シーン臆病なサイ実は危険なバッファローシマウマ、ガゼル、インパラトピは望遠レンズでこの記事に使用した機材 サファリとは ■使用機材:EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM ■撮影環境:ISO100(オート)…
【この記事の目次】 はじめにサバンナへ行くための準備いよいよサバンナへ臆病なライオンこの記事に使用した機材 はじめに  子供の頃、テレビで観ていた野生動物の番組といえば『野生の王国』。その画面の中でアフリカのサバンナがよく映し出されていた記憶があります。見渡す限りの草原では弱肉強食が日常的に繰り返されているとても危険なところ。…
【この記事の目次】 はじめにDIGIC Xがデジタルカメラのウイークポイントを克服かつての8ミリフィルムのような連写性能?ISO 25600でも満足できる画質にAFフレームの選択とライブビュー優れたAFの操作性能飛び回る鳥を追従するAF性能目を疑いたくなる?連続撮影性能検証の結果 はじめに  待望のフラッグシップ機EOS-1D…
【この記事の目次】 はじめに高速連写で瞬間を逃さずに捉える100%視野率で厳密なフレーミングができる動物写真で重要な高感度の性能がアップバリアングルモニターは構図の幅を広げてくる検証の結果EOS90Dはサブ機として はじめに  アフリカの大草原サバンナで野生動物を撮影するのにメインのEOS-1D X MarkIIのサブ機として…