こばやしかをる

デジタル写真の黎明期よりプリントデータを製作する現場で写真を学ぶ。スマホ~一眼レフまで幅広く指導。プロデューサー、ディレクター、アドバイザーとして企業とのコラボ企画・運営を手がけるなど写真を通じて活躍するクリエイターでもあり、ライターとしても活動中。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】 はじめに測光モードを使い分けるクロップモードで焦点距離を変える多彩なモノクロ表現を使い分けるモノクロフィルターを使いこなす日中でも流れる表現が可能になるNDフィルター広々とした視界を堪能する ワイドコンバージョンレンズGW-4おわりにこの記事に使用した機材 はじめに  つい先日GR IIIxがリリースされた…
【この記事の目次】はじめに前モデルとの比較 機能と外観圧倒される解像力の高さ “質”を写す標準ズームレンズ気持ちの良い開放的な広角端16mm最大撮影倍率アップによりボケが美しい逆光耐性の高さおわりにこの記事に使用した機材 はじめに  前モデルsmc PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF] SDMが2007年…
【この記事の目次】 はじめにポートレート撮影に選びたいレンズレンジの広い表現ができるK-3 Mark III使いこなしたい肌色補正機能カスタムイメージは「人物」に決め込まず好みで調整頼れる動体連写撮影と手ぶれ補正モデルとの距離が縮まるHD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR高感度ISOで…
【この記事の目次】はじめにXF18mmF1.4 R LM WRの特徴近似する焦点距離のレンズで比較F1.4の解像感あふれる立体的な描写力最短撮影距離20cmによる美しいボケ雨の中でも頼れるタフネス構造夜景撮影など光量の少ない場合でも高画質おわりにこの記事に使用した機材 はじめに  2020年10月に行われたライブイベントで開発…
【この記事の目次】はじめにオールドレンズを使用する際のボディ側の設定PENTAX Kマウントレンズについてカメラ内RAW現像で“自分好み”を作り出すバリエーション豊かなモノクローム表現トリミング機能で1:1のスクエア写真に仕上げるおわりにこの記事に使用した機材 はじめに  K-3 Mark IIIを手にするとともに、「どんなレン…
【この記事の目次】 はじめに外観「操作ボタン・ダイヤルと秀逸なグリップ」大幅に変更されたユーザーインターフェイススマートファンクションボタン・ダイヤルのカスタマイズ最高ISO感度1600000とパフォーマンスの高い連写性能5軸5.5段の手ぶれ補正も抜群階調表現豊かになったカスタムイメージカメラ内RAW現像機能がパワーアップし益々充…
【この記事の目次】 はじめにXF27mmF2.8 R WR主な仕様日常的に持ち歩くためのレンズA(オート)ポジションロック&指標付き絞りリングレンズの大きさとボディバランスの比較質感の良いレンズフードとレンズフードキャップ様々なシーンで高画質な写真撮影を楽しめる1本おわりにこの記事に使用した機材 はじめに  解像性能とコンパク…
【この記事の目次】 はじめにX-E4ボディデザインの魅力操作ボタン・ダイヤルの変更点と外部入出力端子タッチパネル搭載の180°チルト式モニターXシリーズの基準となった「X-Processor 4」と「X-Trans CMOS 4」18色のフィルムシミュレーションキットレンズと呼ぶのは勿体ないXC15-45mmF3.5-5.6 O…
【この記事の目次】 はじめによく使う機能をレバー、ダイヤル、ボタンに割り当てるレスポンスのいい起動とタッチAFはテーブルフォトでも活躍単焦点レンズ+高画質センサーだから可能なクロップモード6cmまで寄れるマクロモードで美しいボケの表現イメージコントロールをカスタマイズしてこだわりの色づくり手持ち撮影で長秒に耐えうる手ぶれ補正多重露…
【この記事の目次】 はじめにX-S10の深いグリップとバリアングルモニターキットレンズXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZを使いこなす自分好みの設定をカスタムポジションに登録しておこう内蔵ストロボで日中シンクロ撮影日常使いに相応しいレンズ標準レンズは基準レンズ|XF35mmF1.4 RとXF35mmF2 R WRポート…
【この記事の目次】 はじめに理想の画質を追求した新世代の高性能★(スター)レンズキレの良い描写力と空気感までも包み込む優しいボケ〝歪曲収差ほぼゼロ〟の距離をつかみ取るポートレート撮影なら相性抜群マニュアルフォーカスも快適な操作感「レンズのチカラ」を感じる一本 はじめに  2020年6月26日 PENTAXユーザーにとって、待ち…