鶴巻育子

1972年、東京生まれ。広告写真、カメラ雑誌の執筆のほか、ワークショップやセミナー開催など幅広く活動。写真家として活動する傍ら、東京・目黒、写真専門ギャラリーJam Photo Gallery 主宰を務める。ライフワークでは、これまでに世界20カ国、40以上の都市を訪れ、街スナップや人物を撮影。主な写真展 Brighton-a little different(2012 年、オリンパスギャラリー)、東京・オオカミの山(2013年、エプソンイメージングギャラリーエプサイト)、3[サン] (2015年、表参道スパイラルガーデン)、THE BUS(2018 年、ピクトリコギャラリー・PLACE M)、PERFECT DAY(2020年、キヤノンギャラリー銀座)など。THE BUS(2018 年、自費出版)、PERFECT DAY(2020年、冬青社)、夢(2021年、Jam Books)がある 。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】 はじめにF4 Lならではの軽量小型サイズ別世界・超広角の表現抜群の描写力強力な手ぶれ補正マクロ的な描写までズームレンズならではのメリットを生かしてまとめこの記事に使用した機材 はじめに   高画質とコンパクトを両立させたキヤノンRFレンズF4 Lシリーズの超広角ズーム「RF14-35mm F4 L IS U…
【この記事の目次】はじめに質量・価格ともにコンパクト描写力自然な歪み街を撮る自然風景まとめこの記事に使用した機材 はじめに  今回はキヤノンRFシリーズでは初の超広角単焦点レンズ「RF16mm F2.8 STM」の使用感や描写についてご紹介したいと思います。ミラーレスではコンパクトでお手頃なレンズを使用する派の私にとってピッタリ…
【この記事の目次】 はじめに最大撮影倍率1.4倍!SAコントロールリングで、多彩なボケを楽しむ驚異的な手ぶれ補正と高精度なピント合わせ!シャープでクリアな描写一粒で2度おいしいレンズおわりにこの記事に使用した機材 はじめに  2021年7月に発売されて以来、RF100mm F2.8 L MACRO IS USMを使って毎日撮影…
【この記事の目次】 はじめに普通じゃない超望遠レンズ高感度外装、デザイン手持ちで鳥の撮影が楽しいまとめこの記事に使用した機材 はじめに  先に価格のお話をするのは品がありませんが、このRF600mm F11 IS STMは10万円を切る信じられない価格で手に入ります。ちょうど2021年7月15日に発売予定のRF600mm F4…
【この記事の目次】 はじめに単焦点の魅力50mmの画角(スナップで好まれる50mmと35mmの違い)製品スペックなど色々撮影してみました最後にまとめ はじめに  50mm F1.8 STMと言えば、一眼レフ時代からのキヤノンのベストセラーレンズ。プロアマ問わず好まれるのは、F1.8の明るさで優れた描写力。そして、なんと言っても…
【この記事の目次】 はじめに高画質高感度性能手ブレ補正性能AF性能操作性信頼性動画性能まとめこの記事に使用した機材 はじめに  キヤノン製品で「6」といえば2番手と思われがちですが、EOS R6は今後、キヤノンフルサイズミラーレスのスタンダードモデルに位置付けられるそうです。EOS-1D X Mark IIIのCMOSセンサー…