木村琢磨

1984年生まれ。岡山県在住のフリーランスフォト&ビデオグラファー。広告写真スタジオに12年勤務したのち独立。主に風景・料理・建築・ポートレートなどの広告写真の撮影や日本各地を車で巡って撮影。ライフワーク・作家活動として地元岡山県の風景を撮影し続けている。12mのロング一脚(Bi Rod)やドローンを使った空撮も手がけ、カメラメーカー主催のイベントやセミナーで講師を務める。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】 はじめにGMクオリティはそのままに小型軽量化距離感・被写体を選ばない万能性フィールドに持ち出してみるまとめこの記事に使用した機材 はじめに  カメラ好きであれば一度は憧れるであろう「大三元」と呼ばれるF2.8通しの広角、標準、望遠の3本のズームレンズ。  各メーカー大三元はレンズの造り、写り共に力を入…
【この記事の目次】 はじめに先代から完成されていた性能OM-1と組み合わせて散歩しながら撮影してみるネイチャーシーンに持ち出してみるまとめこの記事に使用した機材 はじめに  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROはOM SYSTEMの前身であるオリンパスのマイクロフォーサーズシステムの初めてのP…
【この記事の目次】 はじめに小さい!軽い!軽快!FE PZ 16-35mm F4 G スチル作例FE PZ 16-35mm F4 G 動画作例まとめこの記事に使用した機材 はじめに  ソニーのレンズラインナップには複数本の16−35mmが存在する。そして今回新たにもう一本の16−35mmがラインナップに加えられた。  F…
【この記事の目次】 はじめに持ち出したくなるボディ気軽にスナップを楽しむまとめこの記事に使用した機材 はじめに 私がソニーを使うのは広告写真の撮影が主な用途だ。なかでもフラグシップのα1は値段にも驚かされたが、何より搭載されているスペックに度肝を抜かれた。α1があればもはや撮れないものはないのでは?と見せつけられたような気がし…
【この記事の目次】はじめに正統進化したボディ大幅に向上したスペックどこにでも持ち歩ける高画質・高性能より本格仕様にパワーアップした動画機能OM-1におすすめのレンズまとめこの記事に使用した機材 はじめに  OMデジタルソリューションズが発表した新たなブランド、「OM SYSTEM」初のフラグシップ機である「OM-1」がついにその…
【この記事の目次】 はじめに標準ズームは写り以外にも注目便利なだけじゃない、写りも良い標準ズーム旅行に持ち出したくなる一本まとめこの記事に使用した機材 はじめに  レンズ交換式カメラを手にしたら色々なレンズを装着して画角や写り、ボケの表現の違いを楽しみたくなる。被写体に合わせて、撮りたいシーンに合わせてその都度レンズを交換して…
【この記事の目次】 はじめに大きく重たい、という安心感超広角ズームの楽しさと難しさを味わう超広角ズームのいろいろまとめこの記事に使用した機材 はじめに  広角レンズといえば21mm辺りから「超」がつき始める広角の焦点距離だが、気がつけば16mmや14mmの超広角レンズも当たり前になってきた。超広角レンズといえば、焦点距離はカバ…
【この記事の目次】 はじめにファーストインプレッション換算焦点距離40mmの丁度感とPROレンズの安心感自分のフィールドに持ち出してみるまとめこの記事に使用した機材 はじめに  先日、OMデジタルソリューションズ(オリンパス)より新ブランド「OM SYSTEM」が発表された。M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1…
【この記事の目次】はじめに外観や質感超広角を活用する超広角でスナップ その1超広角でスナップ その2まとめこの記事に使用した機材 はじめに  レンズ式カメラを使っていると必ず一度は憧れる特殊レンズ。超望遠レンズや超広角レンズはだれもが一度はカタログを眺めながら『これを使ったらどんな景色が見えるんだろう』と妄想するはず。超広角レンズは…
【この記事の目次】はじめに(GRとの出会い)似て非なるもの、2つのGR眼前の景色を切り取るまとめこの記事に使用した機材 はじめに(GRとの出会い)  GR IIIが発売されたのが2019年3月。GR IIIのカタログを手にして「これだ!」と思った。私のシステムはミラーレスがメインとなり全体的に小型・軽量化されていたが、それでもレ…
【この記事の目次】はじめにボディ画質・撮影性能写真と動画の境界線まとめこの記事に使用した機材 はじめに  2021年1月27日、ソニーからとんでもないカメラが発表された。  その名は「α1」。    「THE ONE」という称号を与えられたα1はαシリーズの特徴でもある「高解像度のR」「動画・高感度のS」「高速性の9」…
【この記事の目次】 はじめに全てを写し撮る「カメラ」写真表現としての「全天球撮影」ガジェットからカメラへと進化したRICOH THETA Z1さいごにこの記事に使用した機材 はじめに  全天球。もしかしたら聞き馴染みのない言葉かもしれません。一言で言えば全方位の360度パノラマのことです。写真といえばカメラを向けた方向にある景…
【この記事の目次】はじめに片手で持てる超高画質な超望遠レンズ日常に超望遠を取り入れる驚異の補正効果!5軸シンクロ手ぶれ補正まとめこの記事に使用した機材 はじめに  オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROは換算焦点距離600mmの超望遠レンズだ。換算600mmは通常であればあまり使う機…
【この記事の目次】 はじめに広角レンズか標準レンズかキレの良い描写と階調表現焦点距離だけじゃない、マクロ撮影もカバー超広角ズーム×フィルターワークまとめ記事で使用した機材 はじめに  標準ズームレンズと聞いて思い浮かべるのは35mm判換算で24〜100mm前後をカバーした便利ズームを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。少し…
【この記事の目次】はじめになぜ今一眼レフを使うのか? ずっと見つめていたくなる、そんなファインダー ペンタックス史上最高画質?! 動体に食らいつくAFとシャッターチャンスを逃さない高速連写 個性的なKマウントレンズたち まとめこの記事に使用した機材 はじめに  今回はペンタックスから発売された最新機種「K-3 Mark III」に…
【この記事の目次】 はじめにフィッシュアイレンズの魅力F1.8の驚異的な明るさフィッシュアイレンズを超広角レンズとして使う まとめこの記事に使用した機材 はじめに  フィッシュアイレンズと聞くと「特殊レンズ」というイメージが強いのではないでしょうか?「歪む」というフィッシュアイレンズ特有のレンズ効果が、強烈なインパクトを植え付…
【この記事の目次】 はじめにスペック上の主な特長便利なだけじゃない!高い「描写力」手持ちでスローシャッターを楽しめる「5軸シンクロ手ぶれ補正」すべてのシーンがシャッターチャンスにさいごにこの記事に使用した機材 はじめに  一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ問わずレンズ交換式カメラの魅力は撮影の状況に応じてレンズを交換し自分のイメ…