菅原貴徳

1990年、東京都生まれ。幼い頃から生き物に興味を持ち、海洋学や鳥の生態を学んだ後、写真家に。野鳥への接し方を学ぶ講座を開くほか、鳥が暮らす景色を探して、国内外を旅するのがライフワーク。著書に最新刊『図解でわかる野鳥撮影入門』(玄光社)ほか、『SNAP!BIRDS!』(日本写真企画)などがある。日本自然科学写真協会会員。 オリンパスカレッジ講師。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】野鳥撮影とOM SYSTEMAF精度と速さ幅広い撮影レンジ防塵・防滴設計望遠マクロも楽しめるおわりにこの記事に使用した機材 野鳥撮影とOM SYSTEM  AI被写体認識AF(鳥)や、ブラックアウトフリー高速連写など、野鳥撮影に便利な機能満載のOM-1が発売されたことに伴って、野鳥撮影におけるOM SYSTEM…
【この記事の目次】 はじめにバランスの良い外観難しい条件でも鳥をキャッチする、進化したAI被写体認識AFOM-1×飛翔撮影画質の進化を実感コンピューテーショナルフォトが広げる表現そのほかおわりにこの記事に使用した機材 はじめに  「お!これはとてもいいかも…」。はじめてOM-1で撮影したときに、真っ先に浮かんだ感想だ。これまで…
【この記事の目次】 はじめに野鳥撮影に適するM.ZUIKOレンズ選び最大8段分の手ぶれ補正AF性能を引き出す設定アングルの自由度高速連写性能プロキャプチャーモード野鳥撮影×ライブND機能終わりにこの記事に使用した機材 はじめに  2020年の発売以来、その小型軽量性や機能性で人気のOMデジタルソリューションズ(オリンパス)のO…
【この記事の目次】 はじめに野鳥撮影の醍醐味とは野鳥撮影の機材 カメラとレンズ野鳥撮影の機材 三脚と雲台野鳥撮影の機材 双眼鏡カメラ設定のポイントまずは水辺からはじめよう野鳥について、知ってほしいこと最後にこの記事に使用した機材 はじめに  このところ、野鳥撮影が人気のようです。確かに公園や森を散策すると、超望遠レンズを持った…
【この記事の目次】 はじめに極めて広いカバー域を実現!各リングとスイッチ類、内蔵テレコンの操作性高速・高精度AFを実現外付けテレコンでさらに長く!最短1.3mの近接性能も!まとめこの記事に使用した機材 はじめに  2021年1月にM.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROが…