コハラタケル

1984年生まれ、長崎県出身。大学卒業後、建築業の職人を経てフリーのライターに。ライター時代に写真の勉強を始め、その後フォトグラファーに転身。企業案件の撮影ほか、セミナー講師や月額制noteサークルを運営している。ハッシュタグ#なんでもないただの道が好き の発案者。

このライターが書いた記事

【この記事の目次】 はじめに人がいない段階で目立つ色を把握しておく人は存在感が強く、適当に撮っても目立つ存在である背景を整理 → 人物を配置1枚の写真に複数の要素を入れるまとめこの記事に使用した機材 はじめに みなさん、こんにちは。フォトグラファーのコハラタケルです。「なんでもないただの道が好き 街撮り講座」5回目の記事です!…
【この記事の目次】 はじめにフロントガラス×光条×ポートレート背景に入る色をなるべく淡色にするシャッターはたくさん切るが、1ヶ所で粘らないまとめこの記事に使用した機材 はじめに みなさん、こんにちは。フォトグラファーのコハラタケルです。「なんでもないただの道が好き 街撮り講座」4回目の記事です! 今回は光条を利用したポートレー…
【この記事の目次】 はじめに「垂直水平」と「アイレベル」を中心に考えない目立たせたい色だけを写真に入れる隙間を無くしてみる反射光を発見したら積極的に使っていこう偶然をいかに発見できるかこの記事に使用した機材 はじめに  みなさん、こんにちは。フォトグラファーのコハラタケルです。「なんでもないただの道が好き 街撮り講座」です…
【この記事の目次】 はじめにモデルさんに"隙間"と"枠"の中に入ってもらうモデル側の行動に余白を残しておくモデル側の気持ちを考えて、なるべく自然に。まとめこの記事に使用した機材 はじめに  こんにちは。フォトグラファーのコハラタケルです。今回も前回に引き続き、僕が大好きな街撮りについて解説していきます。みなさん、隙間と枠は好き…
【この記事の目次】 はじめに2~3歩、前に進むだけで景色は変わる太陽が真上にいるときは被写体を影に入れてしまう逆光時、太陽光を直接レンズに入れないで撮影人がいなくても目立つ存在の近くにモデルを配置する街撮りのコツは自分のなかの違和感を探すことまとめこの記事に使用した機材 はじめに こんにちは。フォトグラファーのコハラタケルです…