内田ユキオ

新潟県両津市(現在の佐渡市)生まれ。公務員を経てフリー写真家に。広告写真、タレントやミュージシャンの撮影を経て、映画や文学、音楽から強い影響を受ける。市井の人々や海外の都市スナップに定評がある。執筆も手がけ、カメラ雑誌や新聞に寄稿。主な著書に「ライカとモノクロの日々」「いつもカメラが」など。自称「最後の文系写真家」であり公称「最初の筋肉写真家」。
富士フイルム公認 X-Photographer・リコー公認 GRist

このライターが書いた記事

【この記事の目次】まずはXの基礎知識をデジタルの世界での10年未来を見るレンズ新しい時代の始まりを予感させた名レンズ「XF56mmF1.2 R」APS-Cでもボケは楽しめる、しかも…買いか?待つべきか?この記事に使用した機材 まずはXの基礎知識を  レンズやボディの名前には性能やクラスを示す記号が混じっています。マニアには当然の…